トイレ

水周りのトラブルのなかでも、トイレのトラブルは衛生的にもきちんとした対処が求められます。むやみやたらに、間違った対処をして症状を悪化させないよう注意しましょう。

水漏れトラブルは冷静な対処を

トイレの水を流すと汚水が逆流してしまう症状の場合、紙(トイレットペーパー、流せるお尻拭き、お掃除シートなど)、排せつ物、異物(ティッシュペーパー、生理用品、おむつ、あるいは携帯電話、ボールペン、貼るカイロなど)が詰まっている、水圧不足、配管トラブル、合併浄化槽の汚物の溜まり過ぎなどが原因として考えられます。

対処法としては、何よりも「パニックにならないこと」が大切です。まずは落ち着いて冷静になってから、詰まりの原因を考えてみましょう。

トイレットペーパーなど水に溶けるものが詰まっていることが原因なら、「ラバーカップ」や「真空式パイプクリーナー」を使って詰まりの解消を試みます。真空式パイプクリーナーはラバーカップより強力な吸引力を持っています。

しかし、水に溶けない異物の詰まりや、原因が特定できない場合は専門業者に依頼するのが無難です。真空式パイプクリーナーも2千円程度で購入できますから、一家に一台は備えておくことをオススメします。

水が止まらないときは部品をチェック

水を流していないのに「水がチョロチョロと流れて止まらない」という症状は、トイレの水漏れでよくみられるケースです。

もっとも多い原因は、タンク内の「ポールタップ」という部品の破損です。

ポールタップとは、タンク内にある浮き球がついた部品です。ホームセンターなどで5千円程度から購入可能です。自力での交換も不可能ではないですが、自信がない場合は専門業者に頼んだほうが無難です。

ポールタップの破損以外の原因としては、ロータンクのひび割れ、給水管のひび割れ、連結部のゆるみやひび割れといった原因も考えられます。この場合は自力での修理は難しいですから、専門業者に依頼して下さい。

また、流したトイレの水が止まらないという症状もよく見られます。原因はボールタップの故障、フロートバルブの故障、ボールタップがフロートバルブの鎖に絡まっている、などが考えられます。フロートバブルとは、タンク内にある鎖に止水栓がついた部品です。

このような症状が現れたときには、まずタンクを開けてみて下さい。そしてフロートバルブとボールタップを点検し、異常があれば正常な位置に手で戻すことでとりあえずの応急処置はできます。

ただし、正常に動作しない原因が部品の故障にあるならば、専門業者に依頼して交換してもらうようにしましょう。