キッチン

家庭でもっとも小まめに使用する水周りといえばキッチンではないでしょうか。使用頻度が高いということは、それだけトラブルの起きる確立も高いといえます。

シンクのトラブルは油が主原因

台所のシンクの水がスムーズに流れない場合、「網かごにゴミやヌメリが蓄積している」「トラップ水面上にゴミが蓄積している」「排水管の内側に汚れが付着している」という原因が考えられます。

トラップとは、排水設備の配管の途中に設けられ、下水道の悪臭やガスが屋内へ侵入するのを防ぐ器具や装置のことです。排水経路の途中を常に水で遮断しておく構造になっています。シンクの場合は、網かごのすぐ下に、お椀状の形状のトラップが設けられています。洗面台の場合は、排水口から伸びるS字状の配管がトラップの役割を果たしています。

対処法としては、網カゴの清掃トラップ部分の掃除パイプクリーナーを洗浄してみるのがいいでしょう。シンクの詰まりの原因は《油》がメインなので、飲食店用の強力なものを使用するのがベターです。一般家庭用のパイプクリーナーでは、頑固な油詰まりを解消しきるパワーがありません。

それでも改善しない場合は、高圧洗浄などが必要ですから専門業者に依頼するのが望ましいでしょう。

キッチンの水漏れ処置方法

蛇口を閉めても水がポタポタと漏れ出している、シンク下のトラッブ部分や配管から水が漏れる、というのがキッチンの水漏れのおもな症状といえます。

蛇口からの水漏れの場合は、パッキンの消耗による場合がほとんどですから、パッキンの交換で改善することが可能です。台所の蛇口は家庭のなかでも特に使用頻度が高いですから、パッキンの消耗がもっとも早いのです。

シンク下のトラップ部分や配管からの水漏れは、配管のひび割れやつなぎ目の破損などが原因として考えられます。配管の交換は素人では難しいので、すぐに専門業者に依頼して修理をしてもらうようにしましょう。

応急処置的には、水道修理用のテープやシールを貼ってもいいと思います。ただし、大きなトラブルを招かないためにも、応急処置はなるべく早く配管の交換をすることを強くオススメします。