バスルーム

私たちの洗い流した垢や毛髪が、日々流れていくバスルームもトラブル発生の要注意箇所。体をきれいにする場所ですから、水周りは清潔にたもっておきたい場所です。

こまめな洗浄で水詰まりを回避

皆さんは、お風呂の排水口から水がスムーズに流れていかず、洗い場に水が溜ってしまった経験はないでしょうか。

原因は、排水口のトラップ部分や配管内の継ぎ目などに引っかかった髪毛などが蓄積し、水の流れをさえぎってしまっていることが考えられます。体毛以外では、皮脂も詰まりの原因となります。

対処法としては、まずはトラップ部分の掃除をします。

次に髪毛を溶かすパイプクリーナーでパイプ洗浄をしてみましょう。美容室で使用しているパイプクリーナーが入手できるなら、強力でいいと思います。

それでも改善されない場合は、配管内に髪の毛が固形物のようになって詰まってしまっている可能性があるため、専門業者に頼んで高圧洗浄などで対処する必要があります。

お風呂の配管は特につまりが起きやすい箇所ですから、少しでも「水の流れが悪いな」と思ったら、すぐにパイプクリーナーで洗浄することをオススメします。

お風呂の水漏れを直すには

次にバスルームのトラブルで多いのは、シャワーや蛇口からポタポタと水が垂れて止まらないという症状でしょう。

原因はパッキン、または内部部品の劣化・破損などが考えられます。

対処法としては、原因箇所を特定してパッキンや部品の交換をすることです。パッキンやシャワーの部品交換ならば、自力でできないこともありません。
メーカーから部品を取り寄せれば、多くは部品交換の詳しい手順書も付いています。
修理費の節約を考えるなら、チャレンジしてみてもいいでしょう。

また、ひどい症状ではバスルームから下の階に水が漏れてしまうというケースもあります。これは給水や給湯管(壁の中)からの漏水の可能性があります。集合住宅の場合は、階下の部屋に大きな被害をもたらしてしまう危険性もあります。

対処法としては、専門業者に依頼し漏水調査と原因究明をした後に、適切な修繕工事を施してもらうほかないでしょう。