HOME >  集合住居での水漏れトラブル対応術

集合住居での水漏れトラブル対応術

マンションをはじめとする集合住宅で水周りのトラブルを起こしてしまったら、その後どのような対応をとるかが非常に重要となります。

なぜなら、一戸建ての場合は水漏れを起こしてしまっても、他人に被害を与えることは少ないでしょう。しかし、集合住宅の場合はほかの住居にまで被害が及ぶ可能性が高いからです。

水漏れ被害を最小限に抑え、誠意ある対応を

水漏れ事故を起こしたらまずは、パニックにならないことが大切です。落ち着いて被害を最小限に止める適切な対応をとりましょう。

そして、自分が原因でほかの住人に被害を与えてしまったら、誠意を持って謝罪をすることです。ほかに被害を与えていない場合でも、自分の家に工事業者などが入る場合には、騒音などにも配慮して、お隣や階上、階下の住人には「お騒がせします」とひと言あいさつに出向くのが常識的な対応といえるでしょう。

しかし、床下配管などからの水漏れ被害の場合など、責任の所在がはっきりとしない場合もあります。ここではそのような場合の対処法などについても紹介しています。

また、水漏れ被害のときに頼りにしたい保険の申請手続きの手順についても触れていますので、ぜひチェックしてみて下さい!